違い

ガールズバーとキャバクラの違いを正確に答えられる人は素人さんでは、あまりいないと思います。
法律の専門家さんでないと答える事ができないのが普通でしょう。
私も色々調べましたがなんとなくでしか違いがわかりませんでした。
法律家でない私ですから今回は法律の事はうだうだ言わないで簡単な違いだけをお教え致します。
まず、営業時間です。


キャバクラは風営法で午前0時以降日の出までのあいだ合法的に営業を行うことはできない。
しかし、ガールズバーは風俗営業許可店ではなく深夜酒類提供飲食店ということから深夜営業できるそうです。
要は一般的に皆さんが行くような居酒屋さんと一緒ですね。
お客さんに接待をすると風営法にひっかかり、業務できなくなってしまったりするそうです。


接待をするならキャバクラとして登録しなければなりません。
接待という言葉の定義も複雑で世に言う「カウンター越しなら接待ではなく、横に座れば接待」というのも違うのです。
しかし、お客さんとして行くならば カウンターの前に女性がいるのはガールズバー、隣に座ってくれるのがキャバクラと認識していればいいでしょう。
この問題はお店側がきちんと把握していれば何の問題にもならないことですから。


これ以上はややこしくなってしまうので、興味があれば各自調べてみてはいかがでしょう。
深夜営業できるところが昨今のガールズバーブームに拍車をかけている事は否定できないです。
やはり、仕事終わりで飲み始め午前0時で帰宅したり店を変えるのは面倒くさいですもんね。

Copyright © 2014 キャバクラとの違い All Rights Reserved.